〒142-0064 東京都品川区 旗の台5-7-6 秀和旗の台レジデンス108

03-3787-0115

医師のご紹介

  • TOP
  • 医師のご紹介

院長 三嶋 絵美(旧姓:瀬底)

院長紹介

経歴

  • 大田区立赤松小学校卒
  • 女子学院中高校卒
  • 平成8年長崎大学医学部卒
  • 国立国際医療センターにて研修医修了
  • 東邦大学医療センター大森病院助手、大森赤十字病院医長、東京共済病院医長を経て平成21年9月から当クリニック院長

ご挨拶

私は北千束と旗の台で生まれ育った生粋の地元人です。昭和52年に母が開設した当クリニックを平成21年から継承して診療しています。開設から35年が経過し設備は古いですが、診療の中身は古くならないよう常に努力しています。「病気を治したい」という医師としての初心を忘れずに、患者さんと病気に対し真摯に向き合っていくよう心がけています。また現在保育園児の母でもあります。同じ育児中のお母さんや小さいお子さんの肌のケアなど、等身大の母の目線からアドバイスできるかと思います。

診療について

東邦大学に勤務していた時代には、接触皮膚炎(かぶれ)チームに所属し、現東邦大学医療センター臨床教授の関東裕美先生の下でパッチテストの経験を積ませていただきました。たくさんの化粧品や染毛剤かぶれの症例を見る機会が得られました。今も女性の顔のかぶれの症状を拝見しますと、ずっと使っている化粧品も疑ってかかる習性が身についています。

大学勤務以降はいわゆる市井の病院での勤務でしたので、赤ちゃんからご高齢の方まで、皮膚疾患全般の診療に広く携わってきました。大森赤十字病院は子供の患者さんが非常に多く、当初は戸惑ったのですが、幸い小児科の先生にすぐ気軽に相談できる環境だったので経験豊富な小児科の先生に助けられながら数多くの子供の感染症や皮膚病などを診てきました。皮膚を診断する能力は、やはり実物をたくさん見るのが一番と感じました。

診療方針としては、王道スタイルです。医師が自分で良かれと思ってやっている独自の治療とか、効くのか効かないのかはっきりしていない治療や、必要ない検査をすることなどは好きではありません。皮膚科学会のガイドラインや推奨度などに沿った、標準的な治療を提供するようにしています。また気が付いたら時代遅れの治療になっていた・・ということにならないように肝に銘じ、知識のアップデートを心掛けています。

趣味

海外旅行。特にアジア放浪が好きです。若いころはリュックだけしょって宿は現地で決める旅をしていましたからバックパッカーと名乗っても許されるでしょうか。医師になってからも旅への渇望は尽きることなく、GW、夏休み、冬休みはもちろん、月曜が休みならば二泊三日で韓国や中国へ弾丸海外旅行へ出かけていました。活気あるアジアで街歩きと食べ歩きとマッサージをしてくると癒されて活力が湧いてきます。子供連れになってからはさすがに中級以上のホテルを予約するようになりました(笑)屋台でなくレストランで食べるようになりました。我が子には母のアジア旅に付き合ってもらわなければならないので、今から少しずつ辛い物を食べさせて訓練しています。